2人車中泊なら改造も簡単

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

エブリイは荷室がフルフラットになりますので、2人で車中泊をするのはとても簡単です。

 

しかし、フルフラットになるとは言っても、荷室には小さな凹凸がありますので、そのままではちゃんとした睡眠を取ることは難しいです。

 

そこで快適な車中泊ができるように荷室を改造する必要があります。

 

改造と一言で言っても、本格的なキャンピングカー仕様にする改造から凹凸が気にならないレベルにするだけの改造までと、まさにピンからキリまであります。

 

どちらがいいかは個人の好みや予算によって変わってきますので、一概には言えませんが、当サイトでは『低予算』『手軽』に車中泊をすることがモットーですので、誰でも簡単にできる車中泊用の改造のやり方をご紹介します。

2人車中泊をするために最低限必要な改造

エブリイの荷室を車中泊仕様にするために最低限必要な改造は次のの3つです。

  • 荷室の凹凸を無くすために荷台に敷くマット
  • 荷室に敷いたマットの上で寝るためのベッド
  • 窓から車内が見えないようにするため目隠し

改造などというと大変な作業になるのでは?と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、車中泊をするだけなら、この3つのアイテムさえ用意するだけで十分です。

 

快適な車中泊旅行をするためには、他にもさまざまな装備があった方が良いのですが、まずはこの3つのアイテムを用意しましょう。

 

当サイトでご紹介する3つのアイテムにかかる費用は、マット約2500円、ベッド約5000円、目隠し約1500円の合計約9000円です。

 

1泊4500円の宿泊施設に2人で1泊する金額で何度も寝泊りできるわけですから、かなり経済的ですね。

 

この3つのアイテムについての詳しい解説は記事一覧からご覧ください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

低予算で簡単にできる2人車中泊のためのエブリイ改造記事一覧

エブリイで車中泊をするために最初にしなくてはいけない改造が荷室にマットを敷くことです。近年の車中泊ブームも手伝って、各メーカーからさまざまな車中泊マットが発売されていますが、安くても1万円前後、高ければ数万円といった価格になります。もちろん、価格が高ければそれなりのクオリティーのマットになるのだとは思いますが、荷室にマットを敷く意味を考えるとそれほどお金をかける必要はないというのが管理人の考えです...

エブリイの荷室にスタイロフォームの自作マットを敷き、その上にベッドを置けばすぐにでも車中泊ができます。とはいえ、自分に合ったベッドを選ばないと車内できちんとした睡眠が取れないということも起こり得ます。睡眠不足ですと疲れも取れませんし、なにより運転するのに危険が伴いますから、ベッド選びは非常に重要です。管理人の経験上、質のいい睡眠を取るために最も重要なのがベッドの硬さです。ということで、ここでは管理...

エブリイの荷室にスタイロフォームの自作マットを敷き、その上にインフレータブルマットのベッドを敷けば寝ることができます。しかし、車中泊での車内は家の寝室と同じですからプライバシーは確保すべきです。車内のプライバシー確保としては、スモークフィルムがありますが、問題なく車検に通るのは透過率70%以上となっています。ところが透過率が70%以上では、外から車内は丸見えでハッキリ言ってプライバシーは確保できま...

ここでは時間やお金に余裕があればする改造としてエブリイの天井収納について考えてみます。エブリイで2人車中泊をするためには、マット、ベッド、目隠しさえ準備すれば、すぐにでも車中泊旅行にでかけることができます。しかし、1週間、10日、1ヶ月など期間が長くなる車中泊旅行ですと車内で過ごす時間が増えるわけですから、もう少し車内の装備があった方が快適に過ごせます。装備といってもいろいろありますが、長期間にな...